ダイヤモンド買取に鑑定書は絶対に必要なのか?

ダイヤモンド買取を依頼しようとしたら、あるお店では鑑定書の有無を尋ねられましたが、また別の店では鑑定書のことは何も聞かれませんでした。

何でも買取しますというお店だと、鑑定書が無いと買取できないとも言われました。

ダイヤモンド買取では、鑑定書は必ずいるものなのでしょうか。

●鑑定書がないと買取額が下がる?

私の友人が以前ダイヤモンド買取をしてもうためにある業者に持って行ったところ、鑑定書がないので買取価格は下がると言われました。

その業者は家の不用品何でも買い取りますというような業者で、ダイヤモンドに詳しい人はいません。

鑑定書ありの場合いくら、と決めてあり、鑑定書が無い場合は鑑定書アリの金額の何%かをマイナスするので価格が下がってしまうのです。

このようなお店はダイヤモンドのことは全然詳しくないと言えます。

●鑑定書がない場合でも歓迎してくれるお店を選ぶ

ダイヤモンド買取をするお店のほとんどは、鑑定書が無い場合はきちんと鑑定をしてそれから査定額を出します。

鑑定書が信頼できる機関の発行したものであればそれを参考にしながら査定をしますが、無い場合は再度鑑定をして査定額を出します。

ですから鑑定書が無くても査定することは可能なのです。

鑑定書はあれば見ますし、なければ見ずにプロの鑑定士がチェックします。

鑑定書が無くても専門の鑑定士がいれば査定はできるのです。

たとえば銀座に店を構えるパンサラッサはスタッフ全員が国際鑑定士資格を持っているので、正確な価値を見極めてくれます。

鑑定書が無くても歓迎してくれるようなお店を選ぶことが大切ですね。